HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

生物と無生物と Japan - Visions of China のあいだ

暮も押し迫り、2016年が終了しようとしているところ。個人的には極めて激動の年だったのだがあなたはいかが?先日の引越も無事に後処理が収束したので久々に。


今回は、暮れが押し迫っているのとはぜんぜん無関係に、きっとみんな懐かしい「Japan」のアルバム「Tin Drum」(錻力の太鼓)から「Visions of China」!

 

錻力の太鼓

錻力の太鼓

 

 

「Japan」がバンド名なのだよ!「アジアのどこか知らない国の名前がバンド名ってちょっとひねった感じがよくない?」などといいながら命名したのだろうか。そのあたりのエピソードが有るのかもしれないが一旦置いておこう。

 


さてドラムの方はどうかというと、Steve Jansen熟考したプレイが、曲名のイメージ通りの中華風イメージを掻き立てている。コチラ!

 

 (2:12~)

f:id:yujihb:20161227011228j:plain


サウンドを聞く限り、生ドラムなのかどうか難しいところだが、微妙にゴーストノートが聞こえるので、おそらく人間が叩いているのではないかと推測している。録音した後で、何かそれっぽいオリエンタルなタムの音をかぶせているようだ。

この曲は何と言っても、チャイナシンバルが肝である。(楽譜で赤字にしているところ。)Visions of ChinaChina Cymbalとはストレート過ぎるきらいもあるが、まさにイメージ通りの中華風サウンド。4小節目の4拍目裏と次のアタマのチャイナの連続2発がシンプルにカッコイイー!


そして、サビ後のAメロに戻るところ。サビ後に楽器が少なくなっていって、ドラムソロ的になるのだが、これがとってもスペイシー!(空間がある)

 

(0:57~)

f:id:yujihb:20161227011356j:plain

 

ポコッポコ、ポコッポコ、ポコッポド、、、、、、、、、、、、、、、、

これは!せっかくAメロに戻るってのに2拍以上も何も演奏しない!スペースを活かしたセンスあるプレイである。無駄に叩かない。空間があるからといって埋めなくてはいけない道理はない!


当時この曲をよく聴いていた時期には、身近にチャイナシンバルが無く、またお金もなかったので、割れたシンバルと他のシンバルを重ねて試行錯誤してチャイナシンバルのような音が出る偽楽器を自作したのを思い出す。このサウンドにとても飢えていたのである。いま現在チャイナシンバルを担いで持っていって常時バンドで使っているのは当時の飢えを克服したことによるリバウンドだ。わたしのチャイナシンバルの使い方の原点はこの曲(とKing CrimsonのRed)にある。キミにもきっとあるであろう、そんな原点の曲が!

 

www.amazon.co.jp

Missing Persons - No Way Out が好きでごめんなさい

秋を感じる間もなく一気に寒くなりましたね。

さて、今回はまたまた大先生の登場Terry Bozzioの計画的ドラミングを確認してみよう!


かつてシンセ・ポップと呼ばれたらしいMissing Personsのアルバム「Spring Session M」から「No Way Out」!

 

スプリング・セッション M+3(紙ジャケット仕様)

スプリング・セッション M+3(紙ジャケット仕様)

 

 


Missing Personsでとても元気に歌っているボーカルのオネエチャンは、Terry Bozzioの当時の奥様、Dale Bozzioである。夫婦でバンドに参加していて、夫婦であることによる信頼関係や親密さがなんとなく楽曲にも影響を与えているような気がする。そんなバンドが日本のバンドでもちらほらあるね。

最近知ったのが、Terry Bozzioの現在の奥様は日本人で、Mayumi Bozzioさんらしい。Dale Bozzioの自由奔放な印象が強かったので(?)日本人というのはちょっと驚いた。それにしても、Bozzioという名字はいいね。名乗りたい。結婚してくれ!同性結婚がダメなら養子に入れることもご検討いただきたい。

 


それでは本曲の冒頭あたりから。4拍子-7拍子という不思議な譜割りで始まる。

 

f:id:yujihb:20161111012911j:plain

f:id:yujihb:20161111012926j:plain

f:id:yujihb:20161111012943j:plain

 

見ての通り5拍子やら7拍子やらがさも当然のようにはさまれた構成となっている。それもそのはず、参加ミュージシャンはFrank Zappa関係者がたくさん。ギターはWarren Cuccurullo、ベースはPatrick O'HearnWarren CuccurulloとBozzio夫妻が主に作曲している。

打ち込みは使わずすべて生楽器でプレイされているが、全体を通してメカニカルで機械的な印象だ。クラシックなどを除き、ドラム演奏は自由にアドリブを入れることがほとんどなので、楽譜上繰り返し記号が使えることは少ない。楽譜にシッカリと書きおろし、計画されたプレイであることが確認できる。ダル・セーニョとか繰り返しの「1. 「2.って記号初めて使ったね。そんな楽譜に書き下ろされたものを着実に間違えずに演奏する様子はとても真面目である。


今回、なぜだかTerry Bozzioの当時の奥さんが改めて気になってしまったので、またその話に戻るが、現在もDale Bozzioという名前で活動しているという。Wikipediaを見てみると、Terry Bozzioとは1986年に離婚したが名字は残しているのだそうだ。やはり、Bozzioという名字はいいね!自分ももし養子から外れてしまったら残すであろう。

Dale Bozzio - Wikipedia - Personal life

 

ドラム・パーカッション - 通販 | Amazon.co.jp

そろそろ Ska-p - La Mosca Cojonera にも答えておくか

¡Hasta la victoria! ということで今回はスペインのスカパンクバンドSka-Pをご紹介。Ska-Pの読み方は「スカップ」や「スカピー」ではなく、「スカーペ」または「エスカペ」が正解だ。「スカピー」はそれはそれで耳に心地よいのだが惜しくも違うのだ。

 

ちなみに、わたしは 「なぜスペイン語が分かるのか」と聞かれることがある。それはSka-Pが大好きでよく聴いているうちに勉強しようと思ったからなのだった。外国語の習得は、外国のお気に入りバンドを見つけて、あとはDuolingoで補足すれば造作無い!

 

PLANETA ESKORIA

PLANETA ESKORIA

 

 
Ska-Pの楽曲はストレートなロックやパンクが多いのだが、時たま民族音楽的なワールドミュージック的なエスニックなエキゾチックなテイストの楽曲が登場する。それに加え、ボーカルがとんでもなく上手い。そこらのバンドとは一線を画する異次元のボーカルテクニックを持つ。そんな「ただのスカパンクバンドじゃない」感がとても興味をひくのである。なお、ボーカルの芸名は「Pulpul」である。何かの冗談なのか割りと普通なのか理解にくるしむところである。(本名は「Roberto Gañán Ojea」)

そんなSka-Pのアルバム「Planeta Eskoria」の「La Mosca Cojonera」から、ストレートなロックやパンクでないプレイに注目だ。

 

(00:00~)

f:id:yujihb:20161012012032j:plain


曲の冒頭はドラムソロでつかみ、4小節目からラテン風味のパターンが登場する。ブリッジミュート(右手で軽くミュート)しながらポコポコとプレイするギターとからみあってとても軽快なセクションである。

ドラムはなんとなく複雑で手足バラバラのコーディネーションが必要そうに聞こえるかもしれないが、意外にプレイしてみるとそうでもない。ラテン系のノリのパターンにしては難易度は低い部類と思われる。ラテン系のパターンを表現するのに必要なタイミングでアクセントが付けられており、カンタンなのに複雑そうなグルーヴを効果的に醸しだしている。上記楽譜の赤い音符のスネアで特に強くアクセントを付けるのがポイントだ。

Horacio "El Negro" Hernandezのように左足を入れると、更にラテン系なパターンにはなるが、破壊的に難易度がアップするので、このように左足を入れずに雰囲気が出せるパターンはなかなか貴重である。

 

Horacio "El Negro" Hernandez破壊的難易度のプレイはコチラの過去記事参照↓

yujihb.hatenablog.com

 なお、ライブのリハーサルなどで何気なくこのパターンを演奏してみると面白い。ライブハウスのPAさんから「セット全体でくださーい。」と言われたときに、真面目に8ビートをプレイするのではなく、このパターンをやってしまう。それを聴いた対バン(複数バンドで一緒にライブをやる際の、自分のバンド以外のバンドのこと)のドラマーには驚かれ、一目置かれること必至。超絶テクニックを持つドラマーに見えるらしい。ぜひお試しを!

 

www.amazon.co.jp

「サンライト禅 - 斥力と重力 - repulsion and gravity」が日本を変える

今回は、なんともお手盛りだが、自分自分のプレイをとってもくわしくドラムレビュー!

現在わたくしがドラムパートで参加しているバンド、非常に精力的に活動中である。バンド名は「サンライト禅」。来週、落語とコラボしたライブをやるので必ずチェーーック!


さて、自分がプレイしている中でちょっと難しそうなところがあるのがこちらの曲、「斥力と重力 - repulsion and gravity」だ!

www.youtube.com


ゆったりなテンポの歌モノである。ここでご注目は、楽曲最後の部分で、キメを連続してはさんでテナーサックス、ギターのソロ、無音挿入などが次々と入った後の最後のドラムソロ部分である。楽譜にしたのがコチラ!

(3:12~)

f:id:yujihb:20160902231831j:plain



この曲、ほとんど何も考えず、準備せずにレコーディングしたものである。レコーディングの日の気分、体調、スタジオのドラムキットの状況、室温、体温、録音エンジニアの冷たい視線。どれが欠けても発想しなかった一期一会のプレイ!

最後の部分に来るまではシンプルな演奏。そして最後の最後で突然の32分音符高速フレーズにビックリという遊びゴコロいっぱいのソロである。このレコーディングの後にも、サンライト禅でスタジオに入って何度も本曲を合わせているが、このようにプレイしたことはほとんどない。他に良さそうなフレーズが偶然自分から自ずと出てこないかなあと、毎回毎回試しているのだ。「偶然」というところがポイント。これによってふとした瞬間にイノベーションが巻き起こる可能性が!一方で、安定的に曲を固めておきたいバンドメンバーからは大層嫌われるというデメリットがあるのだった。そして、バンドメンバー中、じつに9割がその私の無計画な姿勢を大層嫌っているということも付け加えておこう!メンバーのみなさま、ごめんなさい。計画するようにします。

 

ドラム・パーカッション - 通販 | Amazon.co.jp

Maceo Parker - My Baby Loves You はじまったな

Frank Zappa(特にKeep it Greasy)があまりに連続してしまったので、この度は別のアーティストで様子を伺うとしよう。

今回は、ファンクミュージックをたしなむすべての人が避けては通れない、Maceo Parkerの登場だ!2000年に発表した彼のアルバム「Dial: M-A-C-E-O」から「My Baby Loves You」の爆発するグルーヴを聞いてみよう。

 

My Baby Loves You

My Baby Loves You

 

 
本曲のドラマーはJamal Thomas。現在はThe Jamal Thomas Bandという冠バンドで活躍中の模様である。超絶ファンクドラマーで知られる彼の本能から湧き出でるファンクグルーヴがコチラ!

f:id:yujihb:20160819223331j:plain


同曲冒頭からのプレイ。ハイハットを両手で抑揚をつけながら、ベースに呼応したソリッドなキック!このドラムプレイに、16分自在型の超絶ソリッドなベースの動きがマッチし爆発的なグルーヴを発生させている。さらに、隠し味でコッソリと入っているマラカスのようなシャカシャカ音が非常に効果的である。
イントロの最後、歌に入る前のホーンセクションのキメに合わせたフィルインもまたグルーヴィーかつスマート。ホーンのキメの鋭さを余すこと無く活かした、胸がスカッとするプレイである。(譜面上、赤い音符がホーンのキメ)


ドラムプレイもさることながら、Maceo含むその他のバンドメンバーの熟練したプレイが、当然に超絶グルーヴを保証する。こんなバンドでプレイしてみたい!いえ、決していま私が参加するバンドのメンバーがヘタクソと言うわけでは。まさかまさか

なお、本作のドラマーJamal Thomasを検索すると、ドラマ「Grey's Anatomy」でお馴染みの俳優が出てきたり、

フットボールチーム「Aston Villa」のユースを育てるAcademyにかつて所属していたが罪を犯した人が出てきたりするが、

双方ともまったくの別人である。本物はここに紹介されているのでチェック!

 

www.amazon.co.jp

Frank Zappa - Keep it Greasy - performed by Gergo Borlai の何が面白いのかやっとわかった

ついでにもう一丁!4回続けてFrank ZappaのKeep it Greasyだ!

 

ジョーのガレージI

ジョーのガレージI

 


同曲に登場する19/16の部分を切り取って、ドラムソロを披露している人がいたことを発見!彼の名はGergo Borlai


詳しくは調査していないのだが、一聴するところとってもスーパーなドラマーである。バスケット選手が履くようなテック系シューズが、往年の手数王、菅沼孝三を髣髴とさせる。どっしりと大変ガタイのいい方である。


Gergo Borlai - "Keep It Greasey" (Zappa) live for BeatIt



見るものを啞然とさせる、非常にテクニカルなスタイルだ。Frank Zappaの原曲のアウトロ部分もこんな感じで19/16となっており、同じくドラムが派手に動いているのが聞かれる。しかし、その中でVinnie Colaiutaが一度もやっていないと思われる、トリックを含むフレーズが!3:24あたりに注目!

 

(3:24~)

f:id:yujihb:20160716031114j:plain

 


19という半端な拍子にも関わらずハイハットの間隔がずっと8分音符となっていることにお気づきだろうか。一定に刻んでると見せかけて、自動的に裏になるというトリックである。最初の小節では表、次の小節では裏になって、2小節で元に戻ってくるという寸法だ。Vinnie Colaiutaは、あえて攻めなかったのかもしれない。大勢がいるバンドだったから皆が混乱すると思って繰り出さなかったのかもしれない。

 

このトリックは7/8の曲だと割りと良く聞かれるものである。そう、Jeff BeckのLed Bootsでお馴染みだ。8分音符なら裏になっていることを感じながらプレイができる。しかしここではこの速いテンポで16分裏!ちゃんと辻褄が合って2小節後に元に戻れるのかとっても不安になる。映像的にはカンタンそうで何でもないように見えるかもしれないが、その実、強い精神力と運動神経が要求されるのだ。難しいのにスゴさが分かりづらい修行のようなプレイである


彼はこの19/16のドラムソロがお気に入りなのか、各所で複数回演奏している模様だ。別のバージョンはコチラ。ドラムレッスン付きだよ!

www.drumeo.com

Keep it Greaseyを検索していて偶然このプレイを見つけ、私は近年のドラム業界に大変疎くなってしまったのだと思ったのである。リズム&ドラムマガジンを欠かさず読んで最新情報をキャッチしていたあのころは隔世の感!

 

www.amazon.co.jp

Frank Zappa - Keep It Greasy (Joe's Garage) - 21 over 16 に今何が起こっているのか

Arf arf ARF!(http://wiki.killuglyradio.com/wiki/Arf!)ということで、今回もFrank ZappaのJoe's Garageから。前回からひきつづき「Keep It Greasy」の、あのOdd Meters(変拍子)部分を確認だ!

 

ジョーのガレージ ACTS I,II&III

ジョーのガレージ ACTS I,II&III

 

 ドラマーはもちろん、変拍子を軽々こなすでお馴染みのVinnie Colaiuta

ちなみに、Vinnie Colaiutaはレギュラーグリップでプレイする。レギュラーグリップでは、左手にて特徴あるスティックの持ち方をする。マーチングバンドやジャズではレギュラーグリップが基本であるが、近年の超絶ドラマーの中ではあまり見ないスタイルのように思う。レギュラーグリップの超絶ドラマーは、ほかにはDave Wecklしかおもいつかない。あとおられましたっけ?自分が知らないだけかもだけど数としては少ないと思われる。


前回の記事はコチラ:

yujihb.hatenablog.com

 

問題の変拍子部分は以下のような感じだ。裏拍ハイハットオープンのディスコ風パターンから、ブレイクをはさみ、21/16の世界に迷い込む!

(1:12~)

f:id:yujihb:20160621005600j:plain


スネアのアクセントのタイミングで、ハンドクラップ的な爽快な音が入っているのが大きなヒントとなる。こうして書き起こしてみると、一小節が2つのブロックに分かれていることが分かる。ひとつ目は最初の16分音符9個分、ふたつ目は残りの12個だ。ひとつ目のブロックの、16分音符4個+5個がすこしトリッキーだが、その直後は3/4と捉えると、なんとか迷わずにイケる感じである。

ここでなぜか気になってしまったのは歌のパートである。「I know a few that need to ease it behind」という歌がこのセクションの終わりに入り、これが普通に4/4で2小節で歌っているかのようである。この変拍子上でそんなことをすると、ディスラプティブ(破壊的に)複雑なポリリズムになるはずだが、何気なく一緒に口ずさめるほどわかりやすい。楽譜上これは一体どのように表現されているのか皆目見当がつかないのである。もしかしたら特に深読みする必要はなく、なんとなくテキトーに入れ込んだオーバーダブだったりして!

 

www.amazon.co.jp