読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

時計仕掛けの The James Taylor Quartet - MESSAGE FROM SICILY


スポンサードリンク

Room at the Top by Taylor, James Quartet (2008-02-26) 【並行輸入品】

Room at the Top by Taylor, James Quartet (2008-02-26) 【並行輸入品】

 

 

イギリスのジャズファンクバンドといえば、The James Taylor Quartet(またはJTQThe James Taylor Quartetといえば、注目すべきはJames Taylor氏のオルガンであろう。自分はバンドでキーボードを演奏することもあるが、その際の自分のプレイの基本となるのはJames Taylor氏のプレイである。ただ、自分はキーボードは下手なので、そんなに早く指が動くわけでもなく、そのプレイの雰囲気をマネしているだけだ!

ちなみに、カントリーミュージックを演奏する同姓同名のJames Taylor氏もいるが全くの別人である。

ドラムについて言えば、ジャズファンクの名にふさわしいプレイが満載であり、とても参考になる。お手本のような優れたプレイも沢山で、その中でもアルバム 「Room at the Top」から「MESSAGE FROM SICILY」のお手本4小節ドラムソロをご紹介だ。

 

f:id:yujihb:20150908015627j:plain


2~5小節目がドラムソロ。譜面だけだとわかりにくいのだが、この起承転結感は異常!

なめらかにスッキリと流れるようでいて、キッチリとしたタイム感、それでいてどこか心にのこるフレーズ。自分で書いていてなんだかわからなくなってきた。
ドラムソロが始まったと同時に、マリンバを軽く叩いたような音がずっと鳴り続いていて、ミニマルミュージック的な無機質な連続性、持続性を感じさせるのも面白いところだ。

ドラムソロが終わると、普通のリズムパターンが続く(6小節目以降)が、これがまさにストレートコールドプレイ。彼は感情を排したドラムマシーンと化す。白玉(全音 符)で弾きっぱなしのアンビエント系ストリングスや、2つのコードを交互に行ったり来たりするだけのコード進行もあいまって、非常に無機質な印象だ。しかしそんな中、わずかなテンポの揺れやゴーストノートがドラムマシーン(暗喩)から漏れ出でて、生ドラムの人間味が見えるもいとをかし!正確無比なパーフェクトなプレイだけが優れた音楽じゃないんです!

Wikipediaを確認すると彼ら30年もJTQを続けているらしい。一体メンバーは何歳なんだ!?60歳以上のメンバーとかいるんじゃないのか。ともかくそんな息の長いミュージシャンになってみたいものである。

 

www.amazon.co.jp