HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

Michel Camilo - On Fire をオススメするこれだけの理由


スポンサードリンク

軽快なモントゥーノが印象的なラテン系ピアニスト、Michel Camiloのライブ音源からご紹介。North Sea Jazz Festival 2002にトリオとして出演しているものである。ベースはAnthony Jackson、ドラムはこちらもラテン系、Horacio "El Negro" Hernandezだ。


On Fire Live - Michel Camilo - Anthony Jackson - Horacio (El Negro) Hernandez.avi

 

このライブ音源に限らず、かれのドラムプレイはとってもクレイジーなのである。いったい何が問題なのか?このライブで演奏された神曲「On Fire」の基本パターンをご覧いただこう。

(1:49~)

f:id:yujihb:20151004013439j:plain

右手左手は問題なさそうである。テンポが速いので右手が疲れそうだが何とかなりそうだ。一番の問題は、左足で踏んでいるジャムブロックである(譜面の▲)。

そもそも左足でハイハット以外を変則的に鳴らすという事自体があまり無いのもあるが、この2-3クラーベの変則パターンを"常に"安定的に踏みながら右手左手右足を動かすというのは非常に難しい。もしかしたら沢山練習して慣れれば基本パターンだけはいけるかもしれない。しかし、たいへんクレイジーなことに、高速ストロークを含む複雑なドラムソロ(5:52~)の間もこの2-3クラーベを常に安定的に踏んでいるのだ!凄すぎワロタ。これは本当に難しい。参りました。

Youtubeのコメント欄には、「一回押すと2-3クラーベを自動的に繰り返すスイッチがHoracio "El Negro" Hernandezに搭載されてるんじゃないか?!」などと誠にクダラナイ事を書いている人もある。なんでクダラナイのかって?そのスイッチは実際に搭載されているからである!

 

(1:49~)

f:id:yujihb:20151004015619j:plain

ちなみに曲中キメの部分について、どんな譜割りになっているのかなあと気になったところだけ聞き取ったものを上に貼っておきます。ドラムプレイがスゴイとかそうじゃないとかは関係ないのだけれど。繰り返し記号のところは、概ね最初のドラム基本パターンを演奏している部分を示す。実際には繰り返しじゃないのでご了承を。わかりにくい。

 

www.amazon.co.jp