HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

Sly & The Family Stone - You Can Make It If You Try で人生が変わった


スポンサードリンク

前回Sly and the Family Stoneのカバー曲だったつながりで、今回は本家本元、Sly and the Family Stoneの曲をお届けしよう。I Wanna Take You Higherではなく、You can make it if you tryのドラムプレイに注目してみよう。

 

スタンド!

スタンド!

 

 

ファンクミュージックの本家本元ということで、プレイヤーもみんな黒人なのかと思っていると、映像で彼らの演奏を見て意外な感じを受ける。このファンクグルーヴは、Greg Erricoという黒人でないドラマーによって繰り出されているのである。グルーヴに白も黒もない! It don't matter if you're Black or White! (Michael Jackson の BLACK OR WHITEより抜粋)。なんだか別のニュアンスがでてしまった。

 

さて、肝心のドラムのほうはというと、ブラックグルーヴのイメージと反して泥臭みのない実にタイトなプレイとなっている。くわしく見ていこう。

 

印象的なショートショートイントロからの基本パターン。

f:id:yujihb:20151031012208j:plain

注目すべきは「アタマの一発目に打たない金物」!

金物(かなもの)とは、シンバルやハイハットなどの金属音のする楽器のこと。これを一発目に打たないのが何気に効果的である。スッキリとして、かつアタマのすこぶるナイスなカットギターがシンプルに響き、どこか緊張感をかもしだす。曲が展開した小節の一拍目、手癖で漫然とシンバルをブッ叩いていないだろうか?思考を停止してないか反省させられるようなプレイである。

 

続いて直後のパターンでは、なんとハイハット2倍でドン!先程まで4分音符だったのが8分音符に。

f:id:yujihb:20151031012324j:plain

そしてここで注目すべきは、「付けない余分なアクセント」である。

注意して聞いてみると、ハイハットにアクセントを一切つけていないのがわかる。これが予想外にグルーヴに影響する。これまた人によっては手癖で8分裏拍を表より弱く叩いてしまうことがある。しかしダメなのだ。全て均等に叩かないと、このグルーヴは実現できない。自分は手癖で漫然と強弱をつけてしまうので、意識して臨まねばならない。手首のストロークで柔軟にコントロールするのでなく、手首をガッチリ固定して腕全体で押し出すようなストロークでやると雰囲気が出るね。

 

この曲は注目すべきポイントが満載で、一回では書ききれない。そのこと自体が驚くべきことである。次回はいよいよ後半戦。ハーフタイムのショーはきっとあなたの心の中に浮かぶことでしょう。

 

www.amazon.co.jp