HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

2時間で覚える Whiplash - Caravan 絶対攻略マニュアル


スポンサードリンク

今回は映画音楽からチョイス!

ドラムが中心になっている映画はそれほど多くない。そんななか、3年か4年前ににわかに脚光を浴びた映画といえば、Whiplash(邦題:セッション)!!

もちろんわたくしも鑑賞しました。ドラマーが目を凝らして観ると少し気になるところがあるものの、何らか心が動かされるよい映画であった。いったん映画評論はせずに、その心を動かす音楽にフォーカスだ! 

セッション(字幕版)
 

 

ラストシーンで演奏されるのがCaravanで、このドラムプレイがたまらなくグルーヴィー!泥臭くなくスカッとするビッグバンドアレンジである。ちょっとしたことでスグに怒る指揮の人がMCで話している途中で、あろうことか、ドラムが勝手に演奏を始めてしまうという激アツのシーンがコチラ!!

颯爽とクールな演奏の背後に隠し持つ熱い感情!数あるCaravanのカバーの中でもベストなアレンジではないだろうか。カッコE~。楽譜にするとこんな感じだ!!!

f:id:yujihb:20180619231524j:plain

f:id:yujihb:20180619231548j:plain

概ね1、2小節目のパターンが基本パターンとなっており、たまにタムがトコトコと入ったり、3連符真ん中に入ってビートを揺らすなど味付けしている。1、2小節目のパターンがあまりにオイシ過ぎて、味付けがなくともごはんがいっぱい食べられそうである(1、2小節目のパターンだけで十分にカッコいい、ということ)。

少し譜面が見づらいので1、2小節目のパターンのエッセンスだけを抜き出すと下図のようになる。右足のキックのパターンを正確に踏んで、2拍目の16分裏のスネアアクセントをビシッとグルーヴに乗せていきたい。

f:id:yujihb:20180619231631j:plain

またまた細かいことであるが、基本パターンが同じく繰り返されているように聞こえて、じつは左足のハイハットを踏むパターンが3つ登場する。曲イントロのように4分音符で踏んでいるところと、ジャズ風に4分音符裏で踏んでいるところ(図A)と、盛り上がり過ぎて8分音符全部踏んでいるところ(図B)がある。どれもトップシンバルのカップが強くリードする4ビートであることは変わらないが、その微妙なグルーヴの差異を確認してみると面白い。図Bのパターンが一番勢いを感じるね。

(図A)

f:id:yujihb:20180619231924j:plain

(図B)

f:id:yujihb:20180619232035j:plain

 なお、この動画の0:51あたりでフィルムが逆回しになっているのにお気づきだろうか。Youtubeのコメントで指摘しているすごい観察力の人がいた。なぜそうなっているのか謎である。また0:46では、ドラムの彼が指揮者に「Fxxx you!」といっているらしいのだがあまりピンとこなかった。さらに、0:21に一瞬だけベースが演奏している様子がうつってしまっているがストーリー上これはありえない。。。よく見つけるものだ。

そういえば、演奏の映像と鳴っている音とのズレが大きくて興ざめしてしまったギター弾きの恋という映画を思い出した。ギター運指が鳴っている音と違ったり、ジャンゴ・ラインハルトのスタイルが考慮されていなかったりで気になってストーリーが頭に入らなかったよ!我ながら些細なことを気にし過ぎ。Whiplashも、いちドラマーとしてはドラム演奏の映像と鳴っている音とのズレがやはり見えたが、映画全体に影響があるものではまったくなかった。まだ観てない人はオススメなのでぜひ観てね!