HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

結論:Prince - Everywhere が想像以上に凄い

やあ!いよいよ暑くなってきて夏はすぐそこ、と思へば寒が戻り、衣替えすべきかそうでないか迷う季節ですね。


さて今回は、昨年惜しくも亡くしてしまったPrinceのアルバム「The Rainbow Children」からもう一曲紹介である。 楽器をほとんど所有しないわたしがシグネチャースネアを所持している、JBことJohn Blackwellのプレイを再確認するのはこの曲「Everywhere」。John Blackwellの摩訶不思議アドベンチャーを体験せよ!

 

レインボー・チルドレン

レインボー・チルドレン

 

 

以前の記事はコチラ。

yujihb.hatenablog.com

 
曲の始まりは、透き通るRhodesに乗せておねえさんの歌が透き通る。そこへベースが割り込んでいく。そしてデジタルかつ野蛮なオーケストラヒットが入ったら、ドラムのフィルインからイントロがスタート!

 (00:20-)

f:id:yujihb:20170612010609j:plain


特筆すべきは曲中で基本パターンとなっている5小節目以降のこのパターンである。非常に独特である。左足のハイハットが全て8分裏であれば、ありそうなパターンではあるが、ここでは2拍目裏でなくアタマに踏んでいて、ラテン風のようなそうじゃないような一風変わったものとなっている。一体全体どんなトレーニングを積んだらこうなってしまうのか。摩訶不思議である。こんなに独特なのにヨレたりせず迷い無くプレイされているので、JBのなかでは自然なプレイなのかもしれない。もはや不可解である。

テンポがかなり速いので2拍目の右足ダブルもそうとうに大変だ。すくなくともわたしはこのスピードで一曲をとおしてキープできないと宣言しよう!堂々たる敗北宣言だ!



お次は、たいへん彩りがありエキサイティングな内容となっているドラムソロを確認だ!

(01:04-)

f:id:yujihb:20170612010813j:plain

 

1・2小節目は6連符だけで押し切るタイプのソロ。6連符の1個目と6個目にアクセントをつけ、タムを叩いたりシンバルを叩いたりして変化を付ける。2小節目では、とても人間とは思えないところで左足のハイハットを踏んでいるが、ハイハットオープン+キック→即時ハイハットクローズ、をプレイするときの両足の動きがこんな感じであるために踏んでしまっているだけと思われるのであまり気にしなくてよいだろう。

4小節目ではJBの得意技、フロアタム右手とオープンハイハット左手の術が思わず飛び出す。5小節目、6小節目にかけては、フロアタム右手とオープンハイハット左手、スネア右手とオープンハイハット左手、をポリリズミックに高速で繰り返すフレーズが刺激的である。譜面上赤字にしている音符が、バスドラではなくフロアタム右手となっているのがポイントである。

そして8小節目、怒涛のスネア連打でドラムソロが締めとなる。2拍目は普通に6連打だと思ったのだが、スローで聞いてみたところさらにもう1打スネアの音があり、なんと7回叩いていることがわかった。7連符としてもよいが上記楽譜では32分音符4つで書いている。いずれにせよオルタネート手順で力いっぱいスネア連打をしてもらえばOKである。



そして曲のアウトロに入る直前の部分。これまた大変なことになっている。

(01:48-)

f:id:yujihb:20170612011042j:plain

 

1・2小節目が基本パターン部分。3・4小節目がアウトロに入るためのウワモノのキメの部分である。この3・4小節目のキメに呼応して変化したドラムがご注目ポイントだ。このテンポで実現してしまうものだから、楽譜の見た目の印象とは違ってほとんど真似が出来ないプレイとなっている。何を言っているのかわからねーと思うがフィルインだとか一時的なパターンの変化だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ基本パターンから変化しすぎて、両足に革命が起きているといっても過言ではない。John難しいよJohn。足がもつれちゃうよ。このテンポでよくこんなん出てきますね。

 


突然話し変わるが、先日私のバンドが初のワンマンライブを決行した。「ここで使わなきゃいつ使う!」とばかりに普段スタジオに持っていかないJBのシグネチャースネアを持参。一般的なスネアの口径14インチよりも口径が小さく(13インチ)、少し胴が深い(6.5インチ)、そして何よりもアピールするのが胴に貼り付けてある巨大な「JB」のマークである。

普段のライブではライブハウスに置いてあるスネアを借りて使っており、ライブハウスによってはヘッドやスナッピーベルトがイカれちゃっていて調整が効かなかったりする場合もある。その点やはり自分のスネアを持参していると安心するね。先日のワンマンライブではJBのスネアでJBになりきってプレイしたのだが、果たしてお客さんに届きましたかどうか!

 

www.amazon.co.jp

 

テイルズ・オブ・ Tower of Power - Oakland Stroke...

前回の記事、Jeff BeckのScatterbrainにてパラディドルに異常なほどこだわりを見せたところで、ソリッドなパラディドルでお馴染みの彼を紹介しようじゃないか!

特筆すべきプレイヤーとして挙げられることが非常に多い、Tower of PowerのドラマーDavid Garibaldiだ!

 

彼を一躍有名にしたのはもちろんアルバム「Back To Oakland」の1曲目「Oakland Stroke...」(曲名の後ろのピリオド3コを忘れずに!)。また、同アルバムの11曲目の「Oakland Stroke」も同じ曲だ!

 
当アルバムは、雑誌Modern Drummer Magazineの投票で「ドラマーが聴くべき最も重要なレコーディング」の一つとして選ばれたこともあるらしいぞ!


楽曲のジャンル、バンドの分類というものは本当にさまざまであるが、Tower of Powerのジャンルをオークランドファンクと呼ぶ人もいる。ただのファンクとは呼ばずにそう呼ぶ原因、その微妙な差異を生み出しているのはDavid Garibaldiのプレイではないだろうか。そんな違いの分かるあなたにお送りする本曲のプレイがコチラ。

(00:00-)

f:id:yujihb:20170518002929j:plain


冒頭はスネアだけの軽めのフィルインでサラサラと。続いてのドラムパターンがご注目。これはただの手癖やノリ一発のパターンではない。彼がいろいろとアタマをひねって、ホーンのリフのアクセントにスネアのアクセントが来るように、パラディドルを組み合わせメカニカルにパターンを作ったのである(と本人が言っていたと記憶している)。そのため、パッと見、パッと聴きでなんとなくプレイできるようにはできていない。楽譜に書いて流れを理解した上でプレイしなければならない。

本曲は曲の構成やキメが少しランダムなように聞こえて、みんなで適当にやってるんじゃないかという印象がある。ドラムパターンの1小節目4拍目と2小節目1拍目のオープンハイハットと、「プワップワッ」ってなギターのスライドプレイとでタイミングを合わせているのが少し目立つ一方で、ギターと同じ「プワップワッ」てのを別のタイミングでオルガンでもプレイしているので非常に紛らわしい。ドラムを採譜するのに時間がかかったじゃ無いか!しかし、何度か聞いてみるとランダムではなく、決まった位置でプレイされており、ドラムも決まったパターンを決まった構成でプレイしていることがわかる。

 


直後の流れがコチラ。

(00:16-)

f:id:yujihb:20170518003215j:plain


決まった4小節のドラムパターンを繰り返し、4小節に一回ドラムフィルインが入るという固定された形となっている中、譜面の赤字の音符のところ、ここだけを一部スネアに変化させている。あー細かい!芸が細かい。そうこうするうちに、わずか52秒の本曲はフェードアウトして行くのであった。こんなに短い曲なのに長らく話題に上がり語り継がれるというというのは驚くべきことである。

 


先日Tower of Powerのライブにいったバンドメンバーによると、現在もDavid Garibaldiのソリッドなテクニックは衰えておらず、メチャメチャ凄腕だったとのことであった。調べてみるとなんと現在70歳!

ドラムって、いくつになっても続けられるのだなあ、体力が多少衰えたとしても聴く人を魅了する事ができるのだなあなどと思い、やがて老いていくわたしは少し安心した次第である!

 

www.amazon.co.jp

 

面接官「特技は Jeff Beck - Scatterbrain とありますが?」

今回はJeff Beckの1975年リリースのアルバム「Blow by Blow」(発表当時の邦題は「ギター殺人者の凱旋」だったらしい)から、アノ楽曲をくわしく確認だ!
 

ブロウ・バイ・ブロウ

ブロウ・バイ・ブロウ

 

 

ドラマーはもちろん本ブログで何度か取り上げた、巨匠Richard Baileyだ!

 

巨匠のプレイを解説した記事はコチラや

コチラを参照ください。

 

当アルバムでは、荒削りながら最も勢いのあるRichard Baileyのプレイを聞くことができる。若くしてすでに巨匠の貫禄。アルバムのなかでも、ドラムプレイが気になる曲といえばそう「Scatterbrain」。9/8という少し変わった拍子で聴く者を魅了しているのがコチラのプレイである。

(0:00-)

f:id:yujihb:20170401000918j:plain


冒頭はテンポ無し(Tempo rubato)でドラムソロ。テンポ無しでやってるなーと思っていると、いつの間にやら3小節目からIn Tempoで9/8が始動する。3小節目後半はちょっとグダグダになりつつも、4小節目からは本曲の基本パターンが登場している。7小節目からは、運指練習のような怪しいギターのメロディが始まり、ドラムはこのパターンの繰り返しとなる。


この基本パターンを聞いてみると、ハイハットオープンのアクセントが16分裏にあったり、小節の一番最後にはゴーストノート的な3連符がパララと置いてあったりで、まずはこう思うのではないか。パラディドル(右左右右左右左左等、ダブルストロークをいれた手順)を駆使して、さぞかしパラディドルディドルパラパラディドルパラパラパララしているのだろう、と。しかし今回採譜してみてわかったのだが、なんとほぼオルタネート(右左交互に叩くこと)で構成されていたのだ!最後の3連符のRLLを除きオルタネート!Magic Trick Revealed !!! 

 

スネアとハイハットだけを取り出して手順を書くとこのようになる。

f:id:yujihb:20170401001059j:plain

ハイハットオープンのアクセントは左手で叩くことになる。もし右手ハイハット、左手スネアに固定してパラディドルでこなそうとすると、4拍目のスネア3つを打つことができず辻褄が合わないのである。2拍目のスネアのアクセントと同時にハイハットの音がしないことを発見したのが大きなヒントとなった。


そして直後の展開でハイハットでなくライドシンバルを使ったパターンに変わるところがコチラ。

(0:34-)

f:id:yujihb:20170401001144j:plain


上記譜面の4小節目(9/8に戻ったところ)から右手がライドシンバルになる。右手をライドシンバルの上空に保持し、左手がライドシンバルに届かないとなると、さすがにオルタネートというわけにはいかない。最初のハイハットの基本パターンとは違って、ここは聞いた印象のとおり右手ライドシンバル、左手スネアに固定してパラディドルで処理している。スネアとライドシンバルだけ取り出して手順を書くとこのようになる。

f:id:yujihb:20170401001522j:plain

 

このあたりのプレイにおいては、左足で踏み鳴らし続けるハイハットを聞き逃す訳にはいきません。以前取り上げたコチラにも登場する巨匠の得意技である。

 

3小節目、ギターのダブルチョーキング風の(ヘンな)キメの12/8の小節からこの左足ハイハットは始まっている。音量は極めて小さく僅かにしか聞こえないが、これにより効果的にグルーヴがキープされていることが感じ取れる。スネアのゴーストノートと同じ発想である。そしてやはり真似するのはちょっと体力がいるので、まずは体力作り、走り込みから始めなければならないことも感じ取れる。

 

この部分に限らず、曲中ライドシンバルで刻む部分では必ずこのように左足でハイハットを刻んでいるので単純に足癖なのであろう。巨匠に近づくためにも、ぜひ身に付けたい癖のひとつであることは間違いない。

 

www.amazon.co.jp

Red Hot Chili Peppers - Stone Cold Bush はアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

今回はみんなだいすき、Red Hot Chili Peppersの楽曲を取り上げよう!!


レッチリ史上初めてのヒットとなった1989年のアルバム「Mother's Milk」から、「Stone Cold Bush」だ!

 

母乳

母乳

 

 

当アルバムは収録されている音の音圧が若干弱いようで、聞く際にはボリュームを少し上げなければならない。しかし、ボリュームを上げて密室で長時間聞いたりすると、これがまた不安になりそうな中々怪しいサウンドが激しく緩急をつけて連続するため、トランス状態にトリップしがちなので注意だ。適度に換気し、音小さめで聞きましょう!

 

 

さて「Stone Cold Bush」の冒頭のドラムプレイはこのようになっている。

(00:00-)

f:id:yujihb:20170322234331j:plain


イントロはなんと4小節だけ。テンポが速いので曲が始まったと思ったらもうAメロに入っている。早い展開だ。2小節目の奔放なワチャワチャワチャワチャにドラムが「タチーチーチーチ」で応じ、4小節目・8小節目の「てれ~てれ~て~てれ~てれ~て~」の滑らかなキメには、滑るようにドラムを変化させ合わせているところが気持ちいい。みんなで合わせアンサンブルを楽しんでプレイしたい部分だ。

 

6小節目の3・4拍目は、レッチリお得意、いやFlea本名 Michael Balzary)お得意の、ベースとドラムキックだけで織りなす16分裏の小技が光るキメ。そのグルーヴとテクニックと二人の確かなアンサンブルに思わずウナってしまう箇所となっている。こんなベースとドラムがいればこりゃ売れるだろうよ!テンポも速いし、彼らみたいにバッチリ合わせてグルーヴを保つには、ベースとドラムの巡り合わせ、相性が良いということも必要となろう。

 

 

続いてサビの「She's Stone Cold Bush!」と歌っているところのプレイ。

 

(00:35-)

f:id:yujihb:20170322234508j:plain

本曲のドラムの基本パターンでは、ほぼ全ての小節の1拍目は「ドッッド」とキックしている。Chad Smith(本作のドラマー)がファンキーなパターンを演奏する際の足癖だと思われる。

f:id:yujihb:20170322234550j:plain

一方で、ここのサビだけはキックのパターンを意図的に変え、8分音符を使った安定感を醸し出すプレイとなっている。1、2小節目では、1・3拍目に8分二つのキック。3、4小節目では、また少し変化し、ギター・ベースのリズムに合わせた8分のキックに加え、先程登場したベースとドラムキックだけで織りなす16分裏の小技が光るキメ。いやあ凝ってるなあ

 

 

この3、4小節目、どこかで似たものを聞いたことがあったと思い考えたところ、懐かしの東京事変の曲であることがわかった。なんだか心地よいリズムだ、と思ったのは、懐かしい気持ちと重ね合ったからだろうか。


すなわちコチラの、0:52 - 0:551:05 - 1:08の部分が似ていると思ったのだがどうだろうか。

 

 

細かすぎで伝わらない予感!

 


そして本曲に戻って一番最後のところのプレイをオマケで載せておこう。

(02:54-)

f:id:yujihb:20170322234941j:plain

 


本曲は3分しかない短い曲だが、ナイスなキメや構成が凝縮していて非常に魅力的な曲である。バンドでこのままコピーしてみたくなる。ただ一つだけ惜しいのは、右手ライドシンバルのパターンに移行するギターソロ(1:32-)のあたりで、テンポがほんの僅かにモタっており、ほんの僅かに楽曲の推進力が失われているところ。

 

、、などと思ってしまうのは優等生の完璧主義。こまけぇこたぁいいんだよ!こまけぇことは置いといてただひたすらに爆音で聞いてトリップすべし!!

 

 

www.amazon.co.jp

 

Talco - Signor Presidente と聞いて飛んできますた

今回はイタリアンラテンオルタナティブバンド、Talcoのプレイを取り上げよう!

 

Talcoがどんなバンドなのか改めて調べてみたところ、The ClashSka-Pの影響を受けているとのこと。以前取り上げたSka-Pの影響があるのだと知って、自分はこのサウンドに何故か引っ掛かるものがあるのだなあと思った次第である。

 

彼らのサウンドは「Patchanka」と呼ばれる一つのカテゴリーらしい。Patchankaというのは、Latin alternativeまたはalterlatinoのことで、オルタナティブ・ロック、エレクトロニカ、メタル、ニューウェーブ、ポップ・ロック、パンク・ロック、レゲエ、スカ、ラテンアメリカの伝統音楽などをミックスしたサウンドを特徴とするらしい。なるほど、分からない!

 

(前回のSka-Pの記事はコチラ )

yujihb.hatenablog.com

 

Talcoの楽曲は基本的にパワーコードなギターの感じで、各曲聞きくらべてみると似通った構成のものが多いように思われる。コード進行は、Im - ♭VI - ♭VII - Im が複数の曲で多数登場する(例:A#m - F# - G# - A#m)。少し異常とも言える偏りで登場する。だが不思議なことに、どの曲も個性的で、ホーンセクションがシッカリと入り、「ライブで一緒に歌いたい!」と思わせる、著しくキャッチーなメロディが特徴的である。

 

実際、Talcoのライブ盤「10 Years – Live in Iruña」では、お客が前編に渡って一緒に歌いまくる。これはスゴイ。お客が全メロディを漏れなく歌っているのである。ホーンだけのメロディで歌詞がないパートももちろんのこと、極めつけはギターリフをそのまま歌っているのである。でも、気持ちが分かります。一緒にライブで歌いたい!サイコー!!

10 Years

10 Years

 

 


そんなキャッチーなバンドTalcoからは、アルバム「Tutti Assolti」から「Signor Presidente」でのプレイをお送りしよう。

Tutti Assolti

Tutti Assolti

 

 

基本パターンはメタルやパンクでお馴染みのドンタンドドタンの高速パターン、下記譜面の17小節目のパターンである。(なんて呼ぶのだったかな、ツービート?)基本パターンのバスドラ2連発が少したどたどしいので、もしかしたらツインペダルかな?


その後、曲が一巡して、突然超カッコイイ印象的なホーンのセクションに切り替わり、ハイハットオープンを入れたスカ風パターンになる部分のプレイ!

(4:28~)

f:id:yujihb:20170221223017j:plain


ココを取り上げたのは、9小節目から始まるパターンが少し気になったからだ。なんでもなさそうであるが、実は9小節目以降の小節の1拍目と2拍目のスネアのアクセントの位置が少しトリッキーである。

9小節目に来るまでは、2拍目と4拍目がバックビートだが、9小節目以降の小節では2拍目裏4拍目にバックビートがあり、右手のハイハットと一致するところとしないところが混在する。おそらくはドラマーの手癖であると思われる。狙っていかないとアワアワ、アレレー?してしまう感じになっている。

今回ドラムプレイのかなり細かいところに注目したのは、一聴して「採譜して整理しないと自分がマネできない」と思ったからである。自分用メモである。採譜して整理できて、自分がプレイできるようになった。良かった良かった。

 

ドラム・パーカッション - 通販 | Amazon.co.jp

David Sylvian - Pulling Punches 道は死ぬことと見つけたり

キミのドラムライフの調子はどうだい?

さて前回はJapanの楽曲を取り上げてみて、Steve Jansenがなんだか気になってしまったので、今回もまたシツコくSteve Jansenのプレイを見てみよう!

 

 

今回はDavid Sylvianのソロアルバム「Brilliant Trees」に収録の1曲目「Pulling Punches」。そう、Steve Jansenが参加していたJapanのDavid Sylvianである。そのあたりのメンバーの確執とか精神面の変化とかは詳しい人が居ると思うので割愛させてもらい、単純に聞こえた音で勝負だ!

 

(前回の記事)

yujihb.hatenablog.com

 

冒頭からのプレイがコチラ。

(0:00~)

f:id:yujihb:20170131012903j:plain


一拍目8分裏のオーケストラヒットのアクセントや、クローズハイハットのアクセントが一風変わった位置にあって人工的な印象である。このような人工的パターンが曲の各展開(Aメロ、Bメロ、サビなど)ですべて計画的に作られており、一曲を通してかなり忠実に守られている。


そのあとBメロからのプレイがコチラ。

 

(1:02~)

f:id:yujihb:20170131013021j:plain


4小節目、サビに入る前のタムとスネアのフィルインから、ミュート気味のチャイナがサビ頭で破裂ッ!(譜面上赤字にしているところ。)
まずは前回同様、ここでも力強いチャイナシンバルがただただ単純にカッコイイー!曲が展開する小節アタマがクラッシュシンバルではないところが、多くの歌モノ曲とは一線を画するところである。

 

f:id:yujihb:20170131013336j:plain


その直後の譜面。サビの中に挿入されている4分の2が意表を突く!

タ、、、ドコ、、!!意表を突いたこの譜割りに、タムにアクセントで表情を付けただけのシンプルなフィルインセンスある~。意表を突かれすぎて譜面上ピンク色にしてしまったよ。シンプルだからこそうま味がでてるな~これは。譜面上赤字にしているところのチャイナシンバルが如何に力強く破裂しているかにも留意!

 


当アルバム「Brilliant Trees」の他の曲を聞いてみると、細かいところまでかなり計画的だ(なかでも「Nostalgia」は特に著しい)。打ち込みでループさせているかのようだ。しかしループを本当に使いはしないのだ。きっとこれを生身でリアルタイムでプレイするのがSteve Jansenは好きなのだと思うマゾヒスティックなのではなく、メディテーションループを打ち出すマシーンになりきって淡々と演奏し、彼は深い瞑想に入っていることであろう。

 

http://www.amazon.co.jp/b/ref=as_li_qf_br_sr_il_tl?_encoding=UTF8&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&node=2129946051&tag=2002hb-22

生物と無生物と Japan - Visions of China のあいだ

暮も押し迫り、2016年が終了しようとしているところ。個人的には極めて激動の年だったのだがあなたはいかが?先日の引越も無事に後処理が収束したので久々に。


今回は、暮れが押し迫っているのとはぜんぜん無関係に、きっとみんな懐かしい「Japan」のアルバム「Tin Drum」(錻力の太鼓)から「Visions of China」!

 

錻力の太鼓

錻力の太鼓

 

 

「Japan」がバンド名なのだよ!「アジアのどこか知らない国の名前がバンド名ってちょっとひねった感じがよくない?」などといいながら命名したのだろうか。そのあたりのエピソードが有るのかもしれないが一旦置いておこう。

 


さてドラムの方はどうかというと、Steve Jansen熟考したプレイが、曲名のイメージ通りの中華風イメージを掻き立てている。コチラ!

 

 (2:12~)

f:id:yujihb:20161227011228j:plain


サウンドを聞く限り、生ドラムなのかどうか難しいところだが、微妙にゴーストノートが聞こえるので、おそらく人間が叩いているのではないかと推測している。録音した後で、何かそれっぽいオリエンタルなタムの音をかぶせているようだ。

この曲は何と言っても、チャイナシンバルが肝である。(楽譜で赤字にしているところ。)Visions of ChinaChina Cymbalとはストレート過ぎるきらいもあるが、まさにイメージ通りの中華風サウンド。4小節目の4拍目裏と次のアタマのチャイナの連続2発がシンプルにカッコイイー!


そして、サビ後のAメロに戻るところ。サビ後に楽器が少なくなっていって、ドラムソロ的になるのだが、これがとってもスペイシー!(空間がある)

 

(0:57~)

f:id:yujihb:20161227011356j:plain

 

ポコッポコ、ポコッポコ、ポコッポド、、、、、、、、、、、、、、、、

これは!せっかくAメロに戻るってのに2拍以上も何も演奏しない!スペースを活かしたセンスあるプレイである。無駄に叩かない。空間があるからといって埋めなくてはいけない道理はない!


当時この曲をよく聴いていた時期には、身近にチャイナシンバルが無く、またお金もなかったので、割れたシンバルと他のシンバルを重ねて試行錯誤してチャイナシンバルのような音が出る偽楽器を自作したのを思い出す。このサウンドにとても飢えていたのである。いま現在チャイナシンバルを担いで持っていって常時バンドで使っているのは当時の飢えを克服したことによるリバウンドだ。わたしのチャイナシンバルの使い方の原点はこの曲(とKing CrimsonのRed)にある。キミにもきっとあるであろう、そんな原点の曲が!

 

www.amazon.co.jp