HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

友達には秘密にしておきたい Extreme - Cupid's dead


スポンサードリンク

III Sides to Every Story (Jewel Box)

III Sides to Every Story (Jewel Box)

 

 

自分の世代(?)で、かつてギターキッズだった人にはおなじみExtremeの登場だ!初心者にはかなり辛い、ヌーノ・ベッテンコート(本名は、Nuno Duarte Gil Mendes Bettencourt なんだって。知らなかったよ。)の超絶ギターソロやファンキーなリフを練習したもんです。

そうそう、自分はドラムプレイヤーなのでした。なのでドラムの方に目を向けると、ポール・ギアリーのソリッドなドラムが、これまたかつてのドラムキッズの胸を打ったのです。たとえばサードアルバムである「III Sides to Every Story」の「Cupid's Dead」におけるこちらの基本ドラムパターン!

f:id:yujihb:20150831005447j:plain

f:id:yujihb:20150831005458j:plain

当初これは打ち込みに違いないと思っていた。あまりにドライなサウンドと正確なプレイなので。人が叩いているということが後々分かってたいそう驚いた。おとなになったら、こんなプレイが難なくできようになるのかなあ、なんて思っていたね。

ビギナーにとっては鬼門といえる、キック(バスドラ)のダブルが素敵な感じで出てくる(特に2小節目の3拍目)。ドラムパターンに含まれているので、曲の全体を通して毎回毎回、カチッと16分にノせて決めなくてはいけない。安定した確かなテクニックが問われるプレイだ。

この極めてドライなスッキリサウンドもファンキーさを増しているね。たぶんライブでこの音は出せないだろうなあ。

懐かしいですか?わたしはとっても懐かしいです。

 

www.amazon.co.jp