読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

VAI - Here & Now の人気に嫉妬


スポンサードリンク

 いつだって彼は僕のヒーローさ!Steve Vaiは僕の師匠です。わたしが所持するエレキギターもちろん24フレット!だって、22フレットだと師匠のソロがマネできないんだもの!

さて、師匠が「VAI」という名称のバンドを組んでいたときのアルバム「Sex & Religion」をお届けだ。

Sex & Religion

Sex & Religion

 

 同アルバムの歌詞カードには、切腹するサムライと、そのサムライから魂が発せられるようなイラストが載っていたと記憶している。本作に参加する圧倒的なアートを具現化するミュージシャン達のイメージと相まって非常に意味深である。そんな深そうなアルバムから、意味ありげな題名の「Here & Now」をとりあげてみよう。

ドラマーはというと、これまた私のココロの師匠Terry Bozzio大先生だ!そう、お気づきの通り、どちらもZappa門下生。Frank Zappaフリークの私にとって、Zappa門下生は無条件でお気に入りになってしまうのだった。

 

f:id:yujihb:20150922004749j:plain

イントロはシンプルなギターフレーズから始まったと思った矢先、もう2小節目から高速アンサンブル。自分はギターはできないが、ドラムだけは何とかなりそうだ。

つづいて譜面5小節目からパワーコードなリフと共にパワーのあるリズムパターンである。問題は7小節目の2、3拍目。片足だとたぶんできないので、ツインペダルかツーバスで臨んでみよう。キックがドコドコドコドコ!ベースがバチバチバチバチ!ヘヴィメタルなキメがすこぶる快活だ。バンドが一体となって重厚さが醸しだされる。このような、一部ツーバスで処理するドラムパターンってのは知的だ。ずっと踏み続けているパターンと比較すると知的だ。さすがである。

当時未成年だったわたしはこのパターンを何度も練習していたのだが、どうもカッチリと決まらなくて悩んだものである。そんな事を今思い出した。いま現在カッチリできるようになっているのかどうか、こんどやってみよう。

 

www.amazon.co.jp