HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

片手にピストル、心に Steve Vai - Kill The Guy With The Ball


スポンサードリンク

わたしの尊敬するギタリストであるSteve Vaiが再登場!他のアルバムとくらべて曲数が少ないミニアルバムの「Alien Love Secrets」からご紹介。全身銀粉で覆われて何を考えているのか分からないところもわたしが尊敬するところだ!

 

エイリアン・ラヴ・シークレッツ
 

 

 Alien Love Secretsといえばもちろん、ドラマーDeen Castronovoの高速テクニカルプレイがすばらしい、Kill The Guy With The Ball(邦題:殺戮の舞踏会、拙訳:死球 - あの球であいつを殺せ)。曲の冒頭の高速プレイを分析し、できるようになってみよう!

 

過去のSteve Vai関連記事はコチラ 

 

(00:00-)

f:id:yujihb:20171130005642j:plain

f:id:yujihb:20171207014003j:plain

曲はドラムのタム回しから開始。2小節目はフラムをいれたタム回しのようにも聴こえたが、スローで聞いてみるとフラムでなくシッカリと32分音符となっていた。

3小節目からは人が喋っているような奇妙なギタープレイが始まり、と同時にドラムのほうは世にも画期的なパターン。右手フロアタム、右足、左足、の3つを使って、途切れない高速3連符の重低音を実現!これを継続しながら、左手ではスネアのバックビートや、時折シンバルやタムを織り交ぜるなど変化を付ける。なお、右手フロアタム、右足、左足の存在感がありすぎて楽譜が見づらいのでスネア部分には全てアクセントを記載しております!

3連符がいっぱいで目が疲れてきた。プレイすればもちろん右手、右足、左足は限界だ。しかしここまででたった25秒の出来事である。そして奇妙なギタープレイは一段と盛り上がり、リフに入る直前でドラムの超高速フレーズで最高潮に達する! 

 

f:id:yujihb:20171130010233j:plain

 

ここまで曲の長さにして36秒。1秒あたりの採譜所要時間が過去最高レベルを記録だ。いやそんなことはどうでもよく、問題はこの17、18小節目の爆速32分音符フレーズだ。よく見てみると全くのランダムにプレイしているのではない。スネアの位置がヒントとなる(先ほどと同じく、スネアに全てアクセントを記載している)。32分音符の最初の部分を見ると、6個+4個が2回繰り返されていることがわかる。また、その6個のフレーズでは、必ずスネア+ハイタム+フロアタム+フロアタム+バスドラ+バスドラ、といったように同じ形が繰り返されている。スピードが単純に速いため難易度は高いが、このあたりをガイドとしていけば、同じように演奏することができるだろう。

 

ドラマーのDeen Castronovoを調べてみると、ドラムが超絶な上に歌も上手いらしい。さらにもっと検索上位に出てくるのが、暴行で逮捕がどうのこうのいう話題。バンドでドラムパートを表現する言い回しに、Assault and Batteryというのがあるのは不幸なことである。バッドエンドでまた来週!

 

(2017/12/7)14小節目が完全に間違っていたので訂正。