読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

ホップ、ステップ、Frank Zappa - Keep It Greasy (You Can't Do That On Stage Anymore Vol. 3)


スポンサードリンク

Hi-ho Silver!!http://www.zappa.com/messageboard/viewtopic.php?f=1&t=13712)ということで、引き続いてZappaのお時間です!

 

前回の記事

yujihb.hatenablog.com

 

前回の投稿での紹介のために、ひさびさにZappaを聞いたら懐かしくて、他のZappaの曲もあらかた聞きなおしたのだった。いやあナツいなあ。

 

今回楽譜に起こした「Keep It Greasy」。一体どんな拍子になっているのか、近いうちに採譜して楽譜に書いておこう、なんて思っていたのが高校生くらいのときだったか。あれからウン十年。やっといまココに実現す!


アルバム「Joe's Garage」に収録のオリジナル(初回リリース?)では、なんと人類史上初の拍子、19/16と21/16が登場する。一旦それは次回以降にとっておいて、今回はアルバム「You Can't Do That On Stage Anymore Vol. 3」に収録されているライブ録音のバージョンをお届け。そのサウンド等から推測するにドラマーはおそらく「Chad Wackerman」だ。

You Can`T Do That On Stage Anymore,Vol 3

You Can`T Do That On Stage Anymore,Vol 3

 

 

曲全体はオリジナルバージョンとは大きく違ったストレートフォーワードなリズムとなっており、リズムギターやサックス、またキメのリズムによりグルーヴィーかつ疾走感のある曲に仕上がっている。しつこく繰り返される「Hi-ho Silver!!」で大爆笑ってのもライブ感があっておかしみがある。

以下の部分は、オリジナルだと19/16になっているセクション。大胆にもシンプルに4/4に書き直し、キメもオリジナルとは全く別のものが置かれている。

 

f:id:yujihb:20160424235533j:plain

 

赤い音符の部分がキメのリズムである。楽譜は伝統的に白黒で全て表現しなくてはならないので、色で表現できるってのは新鮮だ。

採譜してみると、4/4であったことが少し意外であった。特に3小節目は拍子が変わってるんじゃなかろうかとボンヤリ想像していたが、キメが3小節目の一拍目にめり込んでいるだけで、ずっと4/4だったことが分かった。ウン十年来のタスクが無事完了。満足じゃったのでドラムプレイの解説は省略!

 

www.amazon.co.jp