HBのとってもくわしいドラムレビュー

ドラムスコHBがさまざまな楽曲のドラムプレイをとってもくわしく解説する


スポンサードリンク

Frank Zappa - Keep it Greasy - performed by Gergo Borlai の何が面白いのかやっとわかった


スポンサードリンク

ついでにもう一丁!4回続けてFrank ZappaのKeep it Greasyだ!

 

ジョーのガレージI

ジョーのガレージI

 


同曲に登場する19/16の部分を切り取って、ドラムソロを披露している人がいたことを発見!彼の名はGergo Borlai


詳しくは調査していないのだが、一聴するところとってもスーパーなドラマーである。バスケット選手が履くようなテック系シューズが、往年の手数王、菅沼孝三を髣髴とさせる。どっしりと大変ガタイのいい方である。


Gergo Borlai - "Keep It Greasey" (Zappa) live for BeatIt



見るものを啞然とさせる、非常にテクニカルなスタイルだ。Frank Zappaの原曲のアウトロ部分もこんな感じで19/16となっており、同じくドラムが派手に動いているのが聞かれる。しかし、その中でVinnie Colaiutaが一度もやっていないと思われる、トリックを含むフレーズが!3:24あたりに注目!

 

(3:24~)

f:id:yujihb:20160716031114j:plain

 


19という半端な拍子にも関わらずハイハットの間隔がずっと8分音符となっていることにお気づきだろうか。一定に刻んでると見せかけて、自動的に裏になるというトリックである。最初の小節では表、次の小節では裏になって、2小節で元に戻ってくるという寸法だ。Vinnie Colaiutaは、あえて攻めなかったのかもしれない。大勢がいるバンドだったから皆が混乱すると思って繰り出さなかったのかもしれない。

 

このトリックは7/8の曲だと割りと良く聞かれるものである。そう、Jeff BeckのLed Bootsでお馴染みだ。8分音符なら裏になっていることを感じながらプレイができる。しかしここではこの速いテンポで16分裏!ちゃんと辻褄が合って2小節後に元に戻れるのかとっても不安になる。映像的にはカンタンそうで何でもないように見えるかもしれないが、その実、強い精神力と運動神経が要求されるのだ。難しいのにスゴさが分かりづらい修行のようなプレイである


彼はこの19/16のドラムソロがお気に入りなのか、各所で複数回演奏している模様だ。別のバージョンはコチラ。ドラムレッスン付きだよ!

www.drumeo.com

Keep it Greaseyを検索していて偶然このプレイを見つけ、私は近年のドラム業界に大変疎くなってしまったのだと思ったのである。リズム&ドラムマガジンを欠かさず読んで最新情報をキャッチしていたあのころは隔世の感!

 

www.amazon.co.jp